ホーム 神社の由緒 境内の神社 年中祭事 諸祈祷について  施設 境内の案内 アクセスマップ 更新履歴




茨木神社には、四季を通じて様々な祭事が執り行われています。長年にわたり行われてきた行事は市民の生活の一部として、今も昔も変わらぬ姿でその賑わいを魅せてくれます。

一 月二 月|三 月|四 月|五 月|六 月七 月|八 月|九 月|十 月十一月十二月

1月1日 お正月 元日午前十時に一年の最初の祭典、歳旦祭が斎行されます。 新年を祝い、皇室の彌栄と国の隆昌、氏子崇敬者の安全を祈ります。正月三ヶ日、今年一年の家内安全・無病息災を願って多くの氏子崇敬者の皆さんのお参りがあります。
1月9〜11日 十日戎 福娘 「商売繁盛で笹もってこい」の掛け声の中、福笹吉兆を求める大勢の人で賑わいます。 十日には、福娘が乗った宝恵籠が市内各所を巡行します。
1月15日 左義長神事・とんど お正月の注連縄や門松を焚き上げる行事です。一年の初めに当たって穢れを祓い清めて、 暖かい春の到来と豊かな収穫を祈る火まつりといえます。この火にあたると一年の災厄が祓われるとされ、早朝よりお正月飾物や注連縄を手にした多くの人々で賑わいます。
祈祷木奉焼祭 祈り木 正月からこの日までに、参拝に来られた方々が願いを込めて書いた祈り木を焚き上げます。
2月3日 節分祭
雅楽奉納 もともと節分というのは立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいいます。特に立春が一年の初めと考えられることから単に 「節分」といえば二月の節分を指します。前年の邪気を祓う意味で豆が奉納されるとともに、厄除け・神楽奉納の多くの参拝者で賑わいます。
鎮魂星祭 鎮魂星祭は、深夜に行われます。
このお祭りは、各人のもって生まれた星をまつり、弱くなった魂を奮い立たせて活力ある清々しい魂に改め、諸々の厄災を除き、無病息災・延命長寿を祈願します。
2月11日 紀元祭 初代の神武天皇さまが即位された日をお祝いします。かつては紀元節祭として斎行していましたが、昭和四十一年「建国記念の日」と 定められて以降「紀元祭」として斎行しています。
4月8日 人形奉焼祭 人形奉焼祭 氏子崇敬者より持ち寄せられたご家庭で大切にされた多くの人形を、祈祷の上、奉焼します。
4月18日 祈年祭(春祭) 国家の繁栄・五穀豊穣・諸産業の発展・氏子崇敬者の安寧をお祈りします。
奉賛会
厄除安全祈願祭
春祭りに合わせて、当社の崇敬会である奉賛会の会員とご家族の厄除けと家内安全を祈願して斎行されます。
6月30日 大祓・輪くぐり神事 茅の輪 大祓いは、古来全国の神社で絶えることなく斎行されており、私達が日常生活の中で知らず知らずのうちに犯している 罪穢れを、大神様の御力にすがって祓い清める大切な神事です。併せて、当社主祭神である素盞嗚尊さまの故事に基づいた茅の輪くぐり神事が行われます。 半年の間に知らず知らずのうちに犯した罪けがれを消滅し本来の姿に取り戻す神事です。
7月13・14日 夏祭 御輿 夏祭りの御神輿の渡御は、遅くとも江戸時代中期には始められていたと伝えられ、 「島下郡の祇園祭」として親しまれてきました。午前出幸祭の後、大御輿、枕太鼓、子ども御輿が夕刻にかけて氏地を巡幸します。 本宮夕刻から始まる御神輿の宮入りは勇壮です。
10月10日 例祭(秋祭) 元和八年九月十日現本殿が創建され、旧暦九月十日を例祭日と定められていたものを、 新暦の採用により十月十日と改められました。神社の大祭中、最も重要な祭りで例大祭ともいい、大祭式にて斎行します。
11月15日 七五三詣 七五三 三歳・五歳・七歳になった子供が氏神様に参詣し、これまでのご加護を感謝し今後のご守護をお願いします。 11月中、神社の境内には七五三参りで賑わいます。
11月20日 恵美須神社例祭 江戸時代、商人たちが「茨木講」をつくり、毎年二十日各家交代で祀っていたのを、宝暦五年十月二十日から 当社にて祭典を執り行ったことに始まります。
11月23日 新嘗祭
(新穀感謝祭)
現在は勤労感謝の日として知られていますが、古来よりこの日は新嘗祭として、 今年神様のお恵みによって収穫された新穀をお供えし、御礼感謝申し上げるお祭を斎行します。
12月31日 大祓・除夜祭 大晦日 今年1年間のご守護の感謝と良き新年の訪れを祈ります。
※月次祭‥‥‥毎月1日・15日

一 月二 月|三 月|四 月|五 月|六 月七 月|八 月|九 月|十 月十一月十二月


ホーム 神社の由緒 境内の神社 年中祭事 諸祈祷について  施設 境内の案内 アクセスマップ 更新履歴